診療科・部署のご紹介Introduction current

看護部

看護部計画

看護部理念
『思いやり』

思いやりのある看護を提供します。

基本方針

1. 思いやりのあるケアを提供します。
2. 専門職としての倫理観、知識、技術を磨き看護の質向上に努めます。
3. 働きやすく、誇りの持てる職場の環境づくりに努めます。
4. チーム医療を推進し、地域連携・継続看護の充実を目指します。
5. 病院経営計画に基づき経済性、効率性を考慮して改善に努めます。

看護部目標

患者・家族の思いを尊重し信頼される看護・介護を目指します。

1. 看護・介護の質向上
多職種と報連相を心がけ、互いを思いやり協働することで質の向上に努めていきます。
多職種が患者中心に共通の目標に向かって連携体制ができるように多職種カンファレンスを行っていきます。

2. 教育体制の構築、推進
専門職としての役割を認識するとともに、一人ひとりが自己成長し、責任を持って行動できるような人材育成を目指します。

3. 人・物・時間を大切に病院経営に参加します。
働きやすく誇りの持てる職場環境を整えます。
コスト意識を持ち、業務・環境の5Sに取り組みます。

看護部のページへ 〜いらっしゃいませ〜

当院の看護部は、看護師、介護職合わせ140名です。
看護部長1人、副部長2人(病棟師長兼務)、病棟師長4人、介護業務統括長1人、病棟主任4人、介護主任4人で構成されています。

病院の目標は、
・患者様とご家族が当院に入院出来て良かったと思える病院にする。
・職員が仕事に対してやりがいが持てる環境にする。
となっています。
病院目標達成に向かい、私達も1人1人が何をすべきかを考え、行動を始めています。

私達は、常に『笑顔で対応をする』『ありがとう』の言葉を忘れない、夜勤明けの職員には『お疲れさま、気を付けて帰ってね』の声掛けを忘れずにと思っています。
ご家族様にも、面会に来院された時や帰られる時には、『こんにちは』『お気をつけてお帰り下さい』と声掛けをし、相手の人が嬉しくなるようにと気をつけています。
看護部の平均年齢は48歳と決して若くありませんが、腕力と体力、優しさには自信があります。そして、お互いを思いやる気持ちも芽生え始めている時です。職員の笑顔や優しさに支えられている患者様、ご家族様もいらっしゃいます。いずれ私達も高齢者となります。高齢者を敬う気持ちを持ち続けて行きたいものです。
高齢者の方の看護・介護は、私達に任せてと言えるような看護部になるために日々努力をしています。

看護部長 新江 千恵子

ページ上部へ