診療科・部署のご紹介Introduction current

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

当科では、理学療法士、作業療法士により、急性期や回復期後の患者様が残存機能を活かした日常生活動作や社会参加ができるようリハビリテーションを行っています。
また言語聴覚士 (非常勤) による摂食機能療法も実施しています。外来通院によるリハビリテーションや訪問リハビリテーションも実施しており、地域やご自宅で生きがいのある生活が送れるように支援いたします。

理学療法:病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した方に対し、運動機能の維持、改善を目的に運動、温熱、電気などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

作業療法:身体機能、精神機能などが低下した方に対し、基本的な運動能力から社会に適応する能力までを維持、改善し、その人らしい生活を獲得するための治療法です。

言語聴覚療法:ことばによるコミュニケーションや嚥下 (ものを飲み込むこと) に問題がある方に対し、各能力の維持、改善を図り、自分らしい生活ができるように支援 する治療法です。

ページ上部へ